おもやの食卓

夏の旬食材 メロン

メロンを食べると喉がイガイガするから苦手という方も時々いらっしゃいますが、生ハムメロンはとても理にかなった食べ方で、メロンのタンパク質分解酵素の働きが、生ハムを消化するのに役立つだけではなく、口や喉への酵素のイガイガする刺激を和らげる効果もあるのです。今回は、そんな生ハムとメロンの組み合わせのオープンサンドを作ります。バジルのソースで爽やかにいただきます。パンはお好みで大丈夫ですが、ライ麦系の色の濃いパンと合わせると、よりおつまみ寄りになります。白ワインとぜひ合わせて。

メロンとプロシュートのオープンサンド

材料

好みのパン … 2枚
メロン … 4スライス
生ハム(プロシュート) … 2枚
リコッタチーズ … 適宜
バジル … 5枚
オリーブオイル … 大さじ1
塩 … 1つまみ
ブラックペッパー … お好みで

作り方

1.
メロンをパンのサイズに合わせて
スライスしておく。

2.
バジルを細かく刻む。

3.
刻んだバジルに
オリーブオイルと
塩ひとつまみを
合わせておく。

4.
パンを軽くトーストする。

5.
トーストしたパンに
リコッタチーズを塗る。

6.
生ハム(プロシュート)をのせる。

7.
生ハム(プロシュート)の上に
メロンをのせる。

8.
お皿に盛りつけたら、
「3.」のバジルソースをかけ
ブラックペッパーを振る。

メロンとバジル、その甘くさわやかな香りも味わいたい、オープンサンドです。

春の旬食材「苺」について『SAiN』60号でも詳しくご紹介しておりますので是非ご覧ください。『SAiN』のお申し込みはこちらから☞

<おもやの食卓 これまでのレシピはこちらから?>
page top

おもやの会

  • おもやのよもやま話
  • おもやの食卓
  • おもやのおもい
  • おもやの会 Facebook
  • eSAiN SAiN お申込みはこちら