おもやの食卓

冬の旬食材 カリフラワー

カリフラワーはキャベツの仲間で、つぼみの集まりを食べる花菜。加熱しても失われにくいビタミンCをたっぷり含むので、免疫力を高めてくれて風邪の予防に役立つ、冬に積極的に食べたい野菜の一つです。
寒さがつのる時季、旬の食材をつかったあたたかい料理をぜひお楽しみください。

カリフラワーとタラのあっためグラタン

材料

生タラ … 3きれ
カリフラワー … 1/2個
じゃがいも … 2個
長ネギ … 1本
にんにく … 1かけ
ローリエ … 2枚
バター … 大さじ1
水 … ひたひたになるくらい
豆乳 … 100cc
白ワイン … 大さじ1
お好みのナチュラルチーズ … 適宜
パン粉 … 適宜
塩、胡椒 … 適宜
パセリ、タイム … お好みで

作り方

1.
カリフラワーは小房にわけ細かく刻み、
長ネギは小口切りにする。
じゃがいもは皮をむき小さめの角切りに、
ニンニクはみじん切りにする。

2.
タラは小骨と皮を取り、適当に刻む。

3.
鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ、
弱火で香り出るまでいためる。
タラ、カリフラワー、じゃがいも、
長ネギ、ローリエを加えて炒め合わせる。

4.
そこに、ひたひたになるほどの
水と白ワインを加え、
木べらか泡立て器で軽くつぶしながら、
全体がペースト状になるまで煮ていく。
長ネギは多少残っててもよい。

5.
ある程度柔らかくなってきたら 豆乳を加えさらに弱火で煮る。

6.
素材がペースト状になったら
仕上げのバターを加え、
味を見て薄めの塩味に仕上げる。
このとき、ローリエを取り除く。

7.
オーブンを230℃にあたため、
耐熱容器に6のペーストの半量を入れ、
チーズの半量を散らし、
残りも同様に繰り返す。

8.
最後にパン粉を隙間なく
ふりかけてオーブンへ。
こんがりと焼き色がつくまで
10~15分ほど焼く。
仕上げにパセリとタイムを散らす。

タラのうまみを吸い込んだじゃがいもとカリフラワーは翌日の朝にはホットサンドの具材にももってこい。
レシピの豆乳を牛乳に置き換えて、クリーミーに仕上げてもまた美味しい。

冬の旬食材「カリフラワー」について『SAiN』55号でも詳しくご紹介しておりますので是非ご覧ください。『SAiN』のお申し込みはこちらから☞

<おもやの食卓 これまでのレシピはこちらから☟>
page top

おもやの会

  • おもやのよもやま話
  • おもやの食卓
  • おもやのおもい
  • おもやの会 Facebook
  • eSAiN SAiN お申込みはこちら