おもい うまれる おもいやり はぐくむ

おもやのおもい これからをいきるくらしをすきになる

これからを生きる家族の暮らしのなかで、
大切になってくるのは「生活をたのしむ技」かもしれません。
例えば、「衣」。
身にまとう服はもちろん、暮らしを彩るいろいろな「お気に入り」を見つけてゆく。
例えば、「食」。
おいしく、あんぜんなものを見極め、体と心の栄養をていねいにとりいれてゆく。
そして、「住」。
毎日をすこやかに、快適に、住めば住むほど家族になじむ住まいをつくってゆく。
「母家(おもや)」では、生活をたのしむためのちょっとした「知恵」、
ささやかな「技」を、みなさんで分け合っていければいいなと考えます。
これからを生きてゆくために、日々の暮らしを好きになるためのヒントを見つける「場」。
「母家」は、ここに集い、寄り合うみなさんの、母なる暮らしのふるさとです。
ひとりひとりの「思い」が、みんなのための「思いやり」に育まれていけばいいなと思います。

おもやのよもやま話 その二

  • その一 富貴らんらんの暮らし
page top

おもやの会

  • おもやの寄り合い
  • おもやのよもやま話
  • おもやのおもい
  • eSAiN SAiN お申込みはこちら