季節を味わう おもやの食卓 なんでもいつでも揃う いまこの時代に、あらためて「旬」のものを 見直してみたいと思います。 旬のものは、体にいいし、なんといっても、おいしくいただけますから。 季節を味わうレシピとともに お楽しみください。

冬の旬食材 国産レモン

安心して皮ごと使える国産レモンの季節に作りたい、レモンとヨーグルトのほんのり酸味がたまらない、甘さ控えめの爽やかマフィン。
ベーキングパウダーとベーキングソーダのダブル使いがふんわり失敗の少ない、リピートしてなんども作ってほしい鉄板レシピです。
アイシング(トッピング用の糖衣)と一緒に食べてちょうどいい甘さが、最後まで飽きさせないポイントです。

OMOYA Recipe #018 レモンとヨーグルトのマフィン

材料

(6個分)
薄力粉 … 300g
きび砂糖 … 100g
ベーキングパウダー … 大さじ1/2
ベーキングソーダ … 小さじ1/4
塩 … 小さじ1/4
無塩バター … 60g
プレーンヨーグルト … 1200g
レモン汁 … 大さじ1
レモンの皮 … 大さじ1
卵 … 1個
【アイシング(トッピング用の糖衣)】
粉糖 … 大さじ2
レモン汁 … 小さじ1/2

作り方

<準備>
卵とバターは室温に戻し、
オーブンは180度に余熱しておく。
粉類と塩は一緒にふるい、
レモン汁を絞り、
皮をすりおろしておく。

1.
ボウルにバターを入れ、
ポマード状に練り、
砂糖を加え、
さらによく混ぜ合わせる。

2.
卵を加えて
分離しないように
よくかき混ぜる。

3.
ヨーグルト、
レモン汁、
レモンの皮を加え、
さらによく混ぜあわせる。

4.
ふるった粉類を一気に加え、
ゴムベラでサクッと
全体を練らないように
混ぜ合わせる。

5.
マフィン型に6分割して入れ、
180度(電気オーブン)で
20分焼く。

6.
アイシングの材料を
よく練り合わせ、
焼けたマフィンが温かいうちに
トッピングする。

お好みでレモンの皮を
トッピングしても
さらに香りよくいただける。

すっぱいレモンがふんわりマフィンに変身した冬スイーツ。ほんのりした酸味は、さわやかさのなごり味。

◉レシピ:はやみずときこ

東京造形大学卒業後、デザイン会社勤務を経て2011年鹿児島に移住後、
2013年にフードスタイリストとして独立。

雑誌、広告の仕事の傍ら鹿児島市に「chipie -saloon of foodies-」という名のアトリエで
料理教室などを開催している。

https://www.instagram.com/chipie_2f/

冬の旬食材「国産レモン」について、『SAiN』71号でも詳しくご紹介しておりますのでどうぞご覧ください。『SAiN』のお申し込みはこちらから☞

<おもやの食卓 これまでのレシピはこちらから?>
page top

おもやの会

  • おもやのよもやま話
  • おもやの食卓
  • おもやのおもい
  • おもやの会 Facebook
  • eSAiN SAiN お申込みはこちら