おもやのよもやま話 その二

まちのナチュラリスト

其一会 すてきな素の力

たまたま受けることになった薬剤師の先生の講義をきっかけに、
「本当に体にいいもの」を学び、お料理にもその知識をいかすようになられたM様。
「食の大事さ」を多くの人と共有したいと、マンションの一室を使って
「マクロビオティック・自然食」をテーマにした料理教室を始められることになりました。
自然食をお料理する場にふさわしい、ナチュラルな素材でのリフォームにこだわった結果、
「音響熟成木材」「幻の漆喰」「清活畳」という健康自然建材との出会いがありました。
ハートリフォームさんの施工によるマンションの全面リフォームは、2013年の末に完成。

かさねた日々の居心地と、これからの暮らしへの想いをたずねて、
福岡市内のマンションにおじゃましました。

自分好みを選んで、日常を好ましく

はじめは、お料理教室の条件に合うマンション探しがだいいちで、
「自然素材にはそこまでこだわっていなかったんです」というM様。
ですが、この場所を使う機会もある娘様がもともとアレルギーだったことと、
新建材に関する本をお読みになったことをきっかけに、
「ぜったい、無垢材と漆喰の家にしよう」と思われたそうです。
「娘がネットで調べてくれたり、わたしもいろんな人から情報を得たり、
不動産屋さんにも聞いたりして、ほんとにいろいろ検討して、
カイケンさんの建材とハートリフォームさんにいきついたんです」

M様邸の玄関まわり。
音響熟成木材の香りと、
幻の漆喰のやわらかな風合いが素敵です。

玄関ホールのタイルもM様のセレクトで、
色の配置も悩んで楽しんで
ご自身で決められたそうです。

さりげなく生けられた
お花そのものの美しさと、
そのディスプレイのセンスが調和して
心地良くお出迎えしていただきました。

「バッハで熟成!? なんだそれ!? って思いましたよ(笑)」
と、にこやかにお話しされるM様は、木材の「乾燥」についてもいろいろ調べられ、
短時間で高温乾燥させる多くの木材とはまったく違う、
クラシック音楽(♪バッハ)を聴かせながら熟成乾燥させる音響熟成木材の品質に
しっかり納得されたそうです。

「この香りが落ち着きますよね。モデルハウスで『絶対これだ!』と思いました(笑)」

アンティークな表情が
魅惑的なガラス(写真左)や、
音響熟成木材のルーバーが
洗練された印象の扉(写真上)
など、建具のデザインにも
M様のこだわりと
素敵なセンスが感じられます。

建具の意匠については、
カイケンコーポレーションの
スタッフ宅をご見学され、
イメージを広げられたそうです。
ナチュラルなアンティーク感が
M様邸ぜんたいの雰囲気に
マッチした、玄関の鏡も
いいですね(写真下)。

森の中から出てきたような香りのひと

福岡市西区のモデルハウスやスタッフ宅をご体感されたM様。

「娘もわたしもすごく気に入って。素材はもちろんなんですけど、
音響熟成木材のキッチンとか家具とか、ステンドグラスやアンティークを使った
ドアのデザインとか、どんどん夢がふくらんで(笑)」

そして、空間、家具や建具のディティール、調度品のひとつひとつに気を配った、
M様お気に入りの住まいができあがることとなりました。

実際の住み心地は、いかがなのでしょうか。

「まず、音響熟成木材の香りですよね。
ここに来る人がみんな、『すごくいい木の香りがする』って言うんです。
わたしも、美容院で『森の中から出てきたような香りがしますね』って言われて(笑)。
自分ではまったく気がつかないんですけど、毎回言われるんですよ。
森林浴効果があるのかな、癒され効果があるのかな、と、思います(笑)」

お料理を習いにいらっしゃる方にも、すこぶる評判がいいというM様邸。

キッチンまわりのこと、お料理のことなどは、
次回のお楽しみということにいたしましょう。

<其二会へつづきます>

page top

おもやの会

  • おもやの寄り合い
  • おもやのよもやま話
  • おもやのおもい
  • eSAiN SAiN お申込みはこちら