カイケンコーポレーション

MENU

【Featuring SAiN69】兄弟だから同じ育て方をしたのに… 二人の性格が正反対の理由

2021.06.30

    P1020107_2021_0617

     

    かなり蒸し暑くなってきました。

    我が家は小高い丘の上にある住宅地なので、二人の息子達は、学校や遊びから帰って来ると、汗びっしょりです。

    それでも、玄関の扉を開けると「あぁ涼しい」と言っていますが、常にエアコンを入れている訳ではありません。

    適度に木が水分を吸ってくれているのでしょう。

    室内は割とカラッとした感じがします。

    ただ、この蒸し暑い状態を、庭の端に自生しているミョウガ達は喜んでいる様にも見えます。

     

    4848842_m_2021_0617

     

    【二人とも元気いっぱいだけど性格が全く違う】

     

    一般的にも「兄弟だから全く同じ様に育てたつもりなのに、何でこんなにも性格が違うのだろう。」

    なんて話はよく聞きます。

    親としては良くないと分かっていながらも、ついつい兄弟で比較してしまい、

    「お兄ちゃんはちゃんとできるのに、何でできないの?」

    「弟は周りのことを気遣うことができるのに、何でお兄ちゃんはできないの?」

    なんて、言ってしまいがちです。

    大人っていうのは、とても都合の良い解釈をして、お互いの「良いところ取り」をして欲しいなんて願ってしまうものですが、なかなかそうはいきません。

     

    我が家の二人の息子も、当然、同じ様な育て方をしてきたつもりですが、全く性格も好みも違います。

    一人は、バスケットボールが大好きで、とにかく誰かとワイワイ話をするのが大好きです。

    人前で下手なギャグを言うのも大好きです。

    ところが、もう一人は、テニスが大好きで、寡黙です。

    暇があれば一人で図書館に行き、黙々と本を読んでいます。

     

    学校の先生からは、

    「二人が兄弟とは思えないくらい違うね。」

    なんてことは、よく言われます。

    でも、この違いがとっても面白いと思える様になったのは、赤いカブトムシと黒いカブトムシの存在の意味が分かったからです。

     

    1201645_s_2021_0617

     

    【赤いカブトムシと黒いカブトムシ】

     

    そろそろカブトムシやクワガタムシを捕まえるのが楽しいシーズン。

    子どもの頃には、近所のお爺さんに

    「焼酎と砂糖を混ぜたものを木に塗っておいたらいい。カブトムシもクワガタムシも酒飲みだからなぁ。」

    なんて言われて、良く木に塗ったものです。

    そうして、捕まえたものをみんなが学校にもっていき、机の上で無理やり決闘をさせるという、今思うと残酷な遊びをしたものです。

     

    もちろん、人気があったのはクワガタムシですが、次に人気があったのが、赤みを帯びたカブトムシでした。

    同じところで捕まえたカブトムシなのになぜ、色が違うのでしょう。

    それには、深い訳がありました。

     

    そもそもカブトムシは夜行性なので、夜うろうろしても外敵に見つかりにくいように、黒系の色をしているそうです。

    ところが、全員が真っ黒であると、外敵に見つかった時に、群れが全滅してしまう可能性があるために、真っ黒なものと赤みを帯びたものに分けていると考えられています。

    「リスクを抑えながら子孫を残す」という大自然の知恵の様なものを感じます。

     

    【人も全員が同じ性質であってはいけない】

     

    カブトムシの工夫を知ると、兄弟で性格が全く異なることも素晴らしいことの様に思えるようになりました。

    「何事にも積極的で社交的である」という性格は、とてもいいことですが、時としてその素晴らしい性格が、仇となってしまうこともあります。

     

    例えば、目の前に大きな森があるとします。

    この森の中には、恐ろしい動物がいるかもしれません。

    それなのに、積極的な性格を全面に出して「大丈夫。何とかなるって。」という風に突入してしまうと、命を落としてしまう危険性があります。

    だからと言って、全員がとても慎重でも良くありません。

    森の中には、おいしいキノコがどっさりと生えているかもしれないからです。

     

    きっと、私たちの祖先も、この様な性格の違いがあったからこそ、現代までたくさんの災害なども乗り越えて、命を繋ぐことができたのではないでしょうか。

    もちろん、今の時代、森に入って命を落とすということは、なかなか考えられないことですが、全く性格が異なるからこそ、一つの事柄も兄弟あわせると、多面的に捉えることができるのかもしれません。

    そんな風に思うと、兄弟で比較する必要もなく、違えば違うほど面白いと思えるようになりました。

     

    P1020126_2021_0617

     

    まだまだ、私たちが気付いていない「自然が秘密にしているルール」がたくさんありそうです。

    性格が全く違う兄弟も歳を重ねると似てくることが多い…という所も面白いなぁと思います。

     

     

    京都府宇治市

    渋谷浩一郎