カイケンコーポレーション

MENU

自然の息吹の中でたいせつなものが
育まれていく保育園

Nursery school where important things are nurtured in the breath of nature

長野県茅野(ちの)市に完成したしゃれんどきっず園は、美容院による企業主導型保育園。
美容師の方々などが安心して子どもたちを預けられる「最高の保育園をつくりたい」という思いが、見事にかたちになりました。

長野県茅野市 しゃれんどきっず園 ◎
施工 株式会社イマージ

Sharend Kids Nursery School Chino-shi Nagano-ken presented by IMAGE Co.,Ltd

Appearance

2019年初秋、八ヶ岳や白樺湖、蓼科高原などの美しい自然環境に恵まれた長野県茅野市に誕生した「しゃれんどきっず園」。
信州の風土にひらける広々と開放的な平屋の空間は、構造材にいたるまで音響熟成木材が使われ、さわやかな木の香りに満ちています。
屋根付きのドライブスルーも設けられ、雨の日も雪の日も安心して子どもたちの送り迎えができそうです。

日本家屋の濡れ縁を思わせるウッドデッキが屋内外をつなぎ、子どもたちの心もいっそう伸びやかになりそうです。
子育てコミュニティの場として利用できる、保護者のみなさま向けのカフェスペースも併設。
音響熟成木材と幻の漆喰という健康自然建材が生み出すさわやかな空気と共に、和やかな雰囲気にも満たされる保育園です。

Indoor Space

園内に入ると、晴れた冬の朝に感じる透き通った空気感のようなすがすがしさが、空間いっぱいに満ちています。
音響熟成木材のあまくさわやかな香りも心地よく、子どもたちの体と心をやさしくつつみこんでくれそうな「空気がうまい保育園」です。

木目の自然美が目にも優しい天井材、足のうらを心地よく刺激する「うづくり」のフローリング材はもちろん、
机、椅子、建具、そして構造材にもすべて音響熟成木材が使われており、この保育園にいるだけで森林浴ができてしまいそうな居心地のよさです。

壁材に使われている「幻の漆喰」は、半永久的に室内の化学物質を吸着・分解して、清浄な空気環境をつくります。
森の中の木がそのまま生きているような音響熟成木材と共に、自然の息吹が香り立つ生命力に満ちた空間で、子どもたちもすくすくと成長していけそうです。

息をして
食べて 笑って 泣いて
眠って

生きていくための力を
せいいっぱい使う
子どもたち

自然の命が生きている
この場所で
生きる力をぐんぐん育んで

いつの日にか
その力を実らせて

Sharend Scene Pick Up

先生方の手作りのディスプレイや遊び道具などを通して、人のぬくもりが伝わってくる「しゃれんどきっず園」。
愛情も、環境も大切にしているこんな保育園が増えるといいな、と、心からそう思います。

Happy Kids

ほんとうにいい「環境」とは、目に見えるものだけではなく、子どもたちが心や体で感じとるものなのかもしれません。
例えば「自然の息吹」のような、目には見えない価値が、しゃれんどきっず園の子どもたちの「生きる力」を育んでいきます。

Growing' Up Together

DATA

長野県茅野市 しゃれんどきっず園

施工●株式会社イマージ

構造材/造作材●音響熟成木材

室内壁材●幻の漆喰

家具/建具●音響熟成木材

TOP